先日、前田敦子がAKB48を卒業すると聞いて私は言葉を失うほどびっくりした。1年ほど前、第3回総選挙において1位だった前田は「私のことは嫌いでもAKBのことは嫌いにならないで」と言った。私はなんでそんなことを言うのかなと思い、それ以来AKBに興味を持った。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。