不登校新聞

200号 2006/8/15

「死なないで」が出発点

2016年03月24日 14:57 by kito-shin


 「不登校新聞」とつい旧名で呼んでしまいます。200号発行となり、本当に感慨深く思います。
 
 1994年ごろ、中学生の自殺が相次ぎ、奥地圭子さんが全国紙の1面に「死なないで」という意見広告を出したいと言われましたが、どの親の会も一人ひとりの会費で運営していて、気持ちはあっても資金がないという歯がゆさがありました。
 
 NPOで会社がつくれることとなり、大阪での世話人合宿で新聞社を立ち上げたいと提案されました。インターネットの時代に新聞?という声もありました。
 
 あれから8年、よくぞ遅れることもなく発行できたと、編集局はじめ、発行・発送に協力された方々にお礼を申し上げます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育学者・内田良が提唱するwithコロナ時代の教育構想

533号 2020/7/1

学校再開で揺らぐ子どもの気持ち、本音を聞くための3つのポイント

533号 2020/7/1

「学校に行きたくない君へ」17人の著名人が語る不登校とは【書籍紹介】

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...