不登校新聞

365号(2013.7.1)

私の視点「ひきこもり、いつまで待てば?」

2013年06月27日 16:26 by kito-shin


 2000年の初め、本紙に「元祖ひきこもりは天照大神である」というコラムを書かせていただきました。
 
 それから十数年、ひきこもる青年たちは現在、内閣府の推計で70万人を超えるとも言われていますが定かではなく、300万人にのぼると推計している団体もあります。
 
 私は"ひきこもり”の理解について、彼らの心性に目を向けることが大切であると言ってきました。
 
 彼らは対学校、あるいは対社会的関係性のなかで心を傷つけられているにもかかわらず、その原因は「彼らの脆弱性にある」などと二重の傷を負わされています。そのように社会から分断された彼らは、自らを"この社会では生きる資格のない人間”として捉え、その存在感の希薄さのなかで"こもる”という行動をとっています。私は、傷ついた心の快復にかかわる核心は、この否定的自己像の払拭にあると考えてやってきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...