不登校新聞

365号(2013.7.1)

私の視点「ひきこもり、いつまで待てば?」

2013年06月27日 16:26 by kito-shin
2013年06月27日 16:26 by kito-shin


 2000年の初め、本紙に「元祖ひきこもりは天照大神である」というコラムを書かせていただきました。
 
 それから十数年、ひきこもる青年たちは現在、内閣府の推計で70万人を超えるとも言われていますが定かではなく、300万人にのぼると推計している団体もあります。
 
 私は"ひきこもり”の理解について、彼らの心性に目を向けることが大切であると言ってきました。
 
 彼らは対学校、あるいは対社会的関係性のなかで心を傷つけられているにもかかわらず、その原因は「彼らの脆弱性にある」などと二重の傷を負わされています。そのように社会から分断された彼らは、自らを"この社会では生きる資格のない人間”として捉え、その存在感の希薄さのなかで"こもる”という行動をとっています。私は、傷ついた心の快復にかかわる核心は、この否定的自己像の払拭にあると考えてやってきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子どもが一歩を踏み出すときにつぶやく「ひとこと」

593号 2023/1/1

約9割の子どもがいじめを経験 専門家が語るいじめを防ぐ4つのヒント

592号 2022/12/15

ひきこもりって悪いこと?2人の専門家に聞くひきこもりの現在地

581号 2022/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…