不登校新聞

444号 2016/10/15

母親だってツラいんだ!!【不登校コラム】

2016年10月14日 12:00 by koguma


 私はときどき「不登校の親の会」に参加し、隅っこで話を聞いていることがあります。すると「あ、これって大事だな」と気づくことがあります。それは「私だってツラいんです」と、母親どうしで本音を吐き出すこと。
 
 不登校で一番ツラいのは子どもかもしれませんが、母親には母親のツラさがあります。それなのに、先生やスクールカウンセラー、ときには医者なども「お子さんのためにがんばりましょう」と、何気なくサラッと言ってきます。いやいやいや、何をおっしゃる。「母親は全国各地で、もうじゅうぶんがんばってるっちゅーねん」という話ですよ。
 
 思うんですが、母親はみな、まじめで読書家です。不登校関連の講演会に通い、書籍を読み、最近ではインターネットで情報収集する方も多いと思います。ただしその際、一つ気になるのが「子どものために」という想いが高じるあまり、母親自身の気持ちを後まわしにしすぎていないか、ということです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...