不登校新聞

447号 2016/12/1

かがり火 奥地圭子

2016年11月29日 13:04 by kito-shin



 文部科学省が学校基本調査で、今でいう「不登校」調査を開始して、今年で50年目になること、本紙読者はご存知だろうと思う。

 日本社会が「不登校」を認識し始めて半世紀が経つということだ。では、その50年を、日本社会はどう見てきたのか。NPO法人「東京シューレ」は11月20日、「登校拒否を考える会」の協力、東洋大学社会貢献センターの後援を得て、「不登校調査50年、日本社会は不登校をどう見てきたか」の研究集会を開催した。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...