不登校新聞

447号 2016/12/1

かがり火 奥地圭子

2016年11月29日 13:04 by kito-shin



 文部科学省が学校基本調査で、今でいう「不登校」調査を開始して、今年で50年目になること、本紙読者はご存知だろうと思う。

 日本社会が「不登校」を認識し始めて半世紀が経つということだ。では、その50年を、日本社会はどう見てきたのか。NPO法人「東京シューレ」は11月20日、「登校拒否を考える会」の協力、東洋大学社会貢献センターの後援を得て、「不登校調査50年、日本社会は不登校をどう見てきたか」の研究集会を開催した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

552号 2021/4/15

森の喫茶店 第552号

552号 2021/4/15

ひといき

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...