不登校新聞

308号(2011.2.15)

Q&A「不安を感じる娘に親がしてあげられることは?」

2013年07月16日 14:44 by kito-shin


 わが家には20歳の娘が居ます。自宅で夕食づくりなどをして生活していますが……、ちかごろ、体がだるく好きなゲームもできないと言っています。20歳になって、「食事ぐらいはやらなきゃ」と思っているのか、まわりから見ても不安が大きくなっているようすです。親としてどうしたらいいのでしょうか?(母親)

娘の不安の正体、親自身の不安であることも


  心優しい娘さんを心配されているお気持ちはわかります。ご相談の趣旨は6点に分けられます。

  ①彼女が20歳である。②彼女が自宅で過ごしている。③彼女はおもに家族の夕食作りなどをして生活している。④彼女は近頃ゲームができないほど身体のだるさを訴え、病院の診察を希望している。⑤食事作りも「これくらいはやらなくては」と思っているようでつらそうに見える。⑥20歳になって不安が大きくなっているように見える。
 
   ①は自然なこと。③もそれ自体は自然な生活です。④も身体がだるい体調不良だから食事作りもつらいことは極めて自然なことです。これらの3点は、何も特別な「対応」の必要は認められませんね。せいぜい、体調不良について病院で診察を受けてみる当たり前のことだけです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...