不登校新聞

451号 2017/2/1

ひといき 茂手木涼岳

2017年01月27日 12:10 by kito-shin
2017年01月27日 12:10 by kito-shin


 ドラマ「北の国から」が好きだ。
 
 最初は、親に見せられた。すると主人公「純」の気弱なところ、田舎暮らしが苦手なところ、ずるいところ、何もかもが私と似ていた。「なんだこれは」と思い、がっつりハマった。以後、自分が15歳のときには15歳の純を、20歳のときには20歳の純を見てきた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

595号 2023/2/1

編集後記

595号 2023/2/1

『不登校新聞』のおすすめ

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…