不登校新聞

451号 2017/2/1

なぜ、ひきこもってたんですか?【連載「あのとき、答えられなかった質問」】

2017年02月02日 16:38 by kito-shin



 今号より新連載『あのとき、答えられなかった質問』を開始します。執筆者はひきこもり経験者の稲垣篤哉さん。本連載では「なんで働けないの?」「なにがつらいの?」など当事者が答えづらい質問に答えてもらう。稲垣さんへの質問がある方は気兼ねなく東京編集局までご連絡を(03・5963・5526/tokyo@futoko.org)

 「なぜひきこもったのでしょうか?」と聞かれれば、「つまるところ思春期をこじらせて」と答えます。そう、あれは大学でのことでした……と本題に入る前にかんたんに自己紹介を。現在47歳の元ひきこもりおじさんです。奥さん一人、子ども0人。ネット販売の古本屋をやっています。
 
 私がひきこもったのは、地方の国立大学3年の終わり、就職活動が本格化したまさにそのときでした。アパートにひとり暮らしをしていた私が大学へ行けなくなったのはもちろん、外に出ることもできませんでした(その後、こたつやベッドからも)。
 
 電話に出ることさえできなくなっていたので、心配した親がようすを見に来たときは、ご飯もろくに食べておらずボロボロの状態でした。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...