不登校新聞

454号 2017/3/15

ひといき 山下耕平

2017年03月14日 12:26 by kito-shin


 いまの自民党を見ていると、臭いものにはフタをして、あるいはなかったことにして乗り切ろうと躍起になっているように思える。
 
 でも、臭いものは発酵して炭酸ガスを出すだろうから、フタをしても、やがてはフタを押し上げるなり、ガスが漏れ出すなりするだろう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...