不登校新聞

454号 2017/3/15

それぞれの息吹から――ここまでをふり返る【不登校50年】

2017年05月23日 16:38 by kito-shin


 「不登校50年証言プロジェクト」は2年計画で進めており、ここまで14人の方に登場いただいた。1年目は、なるべく古い時代の話をうかがおうということで、各方面にあたった。その結果、1959年に日本で最初に登校拒否の論文を書いた佐藤修策さんに始まり、心理・精神医療関係者に話を聴くことが多かった。理由のよくわからない長期欠席が、いかに心理や精神医療の問題とされ、そこにはどのような時代背景があり、どう変遷してきたのか。情緒障害児短期治療施設や入院治療の問題など、さまざまにうかがってきた。
 
 無着成恭さんなど学校関係者にもお話をうかがったが、とくに戦前や戦中、戦後まもない時期の話などは、たいへん重要な証言になっているように思う。
 
 当事者にも話をうかがっているが、古い時代になるほど、インタビューを受けていただける方を見つけるのは難しく、お願いしたものの断られた方も何名かおられた。あたりまえのことかもしれないが、不登校経験は、それ自体の経験としてあるだけではなく、その後をどう生きてきたかによって、その経験をどう整理し、言葉にできるかが変わってくるものだろう。そして、そこには時代ごとの価値観や社会状況も大きく影響している。
 
 また、不登校経験にかぎらず、多くの方には、ご自身の学校経験についてもうかがってきた。大づかみに言えば、戦争経験と高度経済成長の影響が、いかに大きいものであったかを考えさせられた。当然のことながら、学校と戦争は深く結びついてきたものであったし、とりわけ不登校については、高度経済成長とともに問題化し、広がってきたものだと言える。
 
 個人的な実感として言えば、私は1973年に埼玉県の郊外住宅地で生まれているので、高度経済成長を経た後に生まれ、ある意味では均質化した学校を当然の風景として見てきた。戦前、戦中、高度経済成長前の話などは、それなりに考えてきたつもりではあったが、どうしても、どこか遠い話、フィルターの向こうの話のように感じていた面もある。しかし、このプロジェクトを通じて、さまざまな年代の方とやりとりさせていただくなかで、それぞれの人が生きてきた息吹から、学ぶもの、感じるものが多くあった。そして私が感じてきたフィルター感覚みたいなものは、どこか不登校の感覚とも通じるものかもしれないと思う。
 
 さらに余談を言えば、このネット時代にあって、この間は手紙でやりとりさせていただくことが多かった。便せんに万年筆、青いインクが少しにじんだ手紙には、それ自体に息吹を感じたし、コミュニケーションの「間」に感じることも多くあった。人が何かを学ぶというのは、語られた内容だけではなく、その息吹から得るものも多いのだろう。紙面に少しでも、その息吹が伝わっていればと願っている。
 
 まだ、60~70年代の方の話も登場するが、今後は80年代以降に関わってきた方の話も出てくる。どうしても古い時代ほど、「専門家」に話を聴くことが多く、そのためか男性に偏りがちでもあったが、今後は、より多面的な角度からインタビューしていきたい。(山下耕平)

不登校50年のサイトはこちら

関連記事

1970年代に登校拒否、大学准教授に聞く「身を切る痛みから」【公開】

493号 2018/11/1

奥地圭子さんに聞く【不登校50年・最終回/公開】

492号 2018/10/15

「対話の契機に」山田潤さんに聞く【不登校50年/公開】

491号 2018/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...