不登校新聞

454号 2017/3/15

フリースクールに入る前、出た後の実体験が読める一冊

2017年03月14日 13:06 by kito-shin


 本紙の記事には「フリースクール」という言葉がしばしば出てきます。テレビドラマなどでも扱われるようになり、耳にしたことがある方もいらっしゃると思います。とはいえ、「フリースペース」と自称するところもあれば「居場所」と名乗るところもある。結局、どんなところで、何をしているのかわからない。そんな疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか。
 
 通わせる親としても「勉強は教えてくれるの?」「うちの子も通えるのかしら?」など気になることばかりだし、「通わせていて社会性が身につくのかしら?」と、いぶかしがる方もいるかもしれません。
 
 そんなときの一助となるのが今回ご紹介する本です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの長期休み明け自殺 不登校の歴史vol.470

470号 2017/11/15

【公開】不登校・ひきこもりイベント情報

470号 2017/11/15

見守られているというのは大きな原動力

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...