不登校新聞

454号 2017/3/15

娘の不登校は“恥ずかしいこと”だと思ってた

2017年03月14日 14:41 by motegiryoga

 
 今回お話を聞いたのは、福岡県在住の林智恵さん。お子さんが不登校になったときの気持ちなどをうかがった。

――お子さんが不登校になったのは?
 
 娘が高校に入学したころから、学校に行ったり行かなかったりの五月雨登校が続き、高校2年の10月に、ぱったりと行けなくなりました。「学校に行かないなんて、ありえない」と思っていた私は娘を怒り、責めました。いやがる娘を引きずって無理やり学校に連れて行ったこともあります。娘も当然反発して、おたがいにののしり合う毎日でした。
 
 そのときの私の気持ちは、「恥ずかしい」でした。娘が不登校になったなんて認めたくないし、親戚にも友だちにも言えない。言ったら、「子育てに失敗したダメな母親」だと思われる。それがとにかく怖かったんです。
 
 そんな私の思いは、娘に全部ばれていました。娘は「お母さんが心配しているのは私じゃない、お母さん自身だ」と言いました。
 
 それでも、私は変わりませんでした。娘が学校を休んだら、「今日は休んでいいけど、明日は行くよね?」と約束させていました。私自身を安心させるために。とことん、私中心で物事を考えていたんです。
 

娘のつらい思い 知って変われた

 
 そんな私が根本的に考えを変えるきっかけとなったのは、娘が自殺をよそおったことでした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...