不登校新聞

454号 2017/3/15

かがり火 多田元

2017年03月14日 12:30 by kito-shin



 幼稚園で幼い子どもたちに教育勅語(ちょくご)を暗唱させているニュースが流れた。明治天皇が明治23年(1890年)に発布した大人にも難しい言葉の勅語を園児らが声をそろえて暗唱する。

 勅語とは明治憲法の天皇制で、天皇の支配下にある民に対する命令を意味する。戦後、教育は国民、子どもの権利とする現行憲法のもとで教育勅語を廃止し、教育基本法が成立した。子どものころ見た映画で、学徒動員で戦争に送り出される学生が学校で教育勅語を暗唱し、まちがえると教師に殴り倒される場面はいまも記憶に残っている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの長期休み明け自殺 不登校の歴史vol.470

470号 2017/11/15

【公開】不登校・ひきこもりイベント情報

470号 2017/11/15

見守られているというのは大きな原動力

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...