不登校新聞

462号 2017/7/15

なぜ私たちは生きづらいのか~学校を切り口に考える

2017年07月18日 11:36 by kito-shin

 学校を切り口に、子ども・若者の生きづらさに迫る。そんなトークセッションが2017年7月1日、東京で開かれた。登壇者したのは、不登校を始め、マイノリティとされている子どもたちの支援などを行なっている30代だ。

 恩田夏絵さんは、小学2年生のときから学校に行かなくなった。その後は、「大人になれないよ」という周囲のまなざしにつねに傷つき、自分を認められない期間が長く続いたという。現在は、ピースボートに就職し、「グローバルスクール」という生きづらさを抱える子ども若者を対象とした海の上のフリースクールを開いている。

 室井舞花さんはLGBT当事者だ。学校生活はさほど苦しくなかったとふり返るが、それは、あることを堅持したためだ。「同性を好きになるということ」と「父子家庭であること」を周囲にばれないようにフタをすることで、学校生活を送っていたという。

自己責任論に


 認定NPO法人「D×P」の代表理事を務める今井紀明さんの生きづらさの発端は2004年まで遡る。イラク武装勢力に3名の邦人が誘拐された事件が起こった。そのうちの1人が今井さんだ。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校だけど働けますか? 人事採用担当者に聞く、不登校からの就職【無料イベント開催】

506号 2019/5/15

不登校・ひきこもりイベント情報

506号 2019/5/15

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...