不登校新聞

462号 2017/7/15

ひきこもりでよかったことはありますか? 経験者が回答

2019年08月06日 12:56 by kito-shin



連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.12

 「ひきこもってよかったことはありますか?」と聞かれれば、「よかったことはないですが、ひきこもりについての捉え方は年齢とともに変わりつつあります」と答えます。

 ひきこもった当初は「人生を失敗してしまった」と絶望するだけでした。バイトを始めてからも、職場で嫌なことがあると、「ひきこもって人生のレールを外れたから、バイトでいやな目にあうんだ」と思っていました。人生を単純に「成功」と「失敗」で考えていました。「成功」は父母の価値観そのままの「いい学校へ入っていい会社に入る」というもの。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

“脱ひきこもり”のきっかけは? 経験者の回答

470号 2017/11/15

ひきこもったこと、後悔してる? 経験者の回答は

469号 2017/11/1

ひきこもりの必読書~ひきこもり経験者厳選の3冊

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...