不登校新聞

369号 (2013.09.01)

論説「命が安心できる場を」

2013年12月20日 16:59 by kito-shin
2013年12月20日 16:59 by kito-shin



◎不登校11万人の異議申し立て


 今年の「学校基本調査」速報値が発表されました。小・中学校の不登校は11万2471人、前年度に比べ5021人の減少です。毎年、マスコミは数字の増減を話題にし、ここ5年間、減少傾向が続いたため、年々記事の扱いは小さくなっています。

 しかし、統計をよく見ると「経済的理由」で休んだ子どもの数は小学生で37人、中学生は57人です。「子どもの貧困」が社会問題になっていますが、子どもたちは休んでいないことがわかります。長期欠席者のうち「病気」「経済的理由」「その他」の理由以外の子どもたちが「不登校」になります。ある県で、「不登校」対応のため加配された教員が「不登校の子どもはお腹や頭が痛いと休むから、それを病気に分類したら、わが校の不登校の数は激減し、病欠が増えたんですよ。統計次第で不登校の数はどうにでもなるんですね」というのを聞いたことがあります。その通りなのです。年によって不登校と病気の数がシーソーゲームをしている実態があります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子どもが一歩を踏み出すときにつぶやく「ひとこと」

593号 2023/1/1

約9割の子どもがいじめを経験 専門家が語るいじめを防ぐ4つのヒント

592号 2022/12/15

ひきこもりって悪いこと?2人の専門家に聞くひきこもりの現在地

581号 2022/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…