不登校新聞

369号 (2013.09.01)

論説「命が安心できる場を」

2013年12月20日 16:59 by kito-shin



◎不登校11万人の異議申し立て


 今年の「学校基本調査」速報値が発表されました。小・中学校の不登校は11万2471人、前年度に比べ5021人の減少です。毎年、マスコミは数字の増減を話題にし、ここ5年間、減少傾向が続いたため、年々記事の扱いは小さくなっています。

 しかし、統計をよく見ると「経済的理由」で休んだ子どもの数は小学生で37人、中学生は57人です。「子どもの貧困」が社会問題になっていますが、子どもたちは休んでいないことがわかります。長期欠席者のうち「病気」「経済的理由」「その他」の理由以外の子どもたちが「不登校」になります。ある県で、「不登校」対応のため加配された教員が「不登校の子どもはお腹や頭が痛いと休むから、それを病気に分類したら、わが校の不登校の数は激減し、病欠が増えたんですよ。統計次第で不登校の数はどうにでもなるんですね」というのを聞いたことがあります。その通りなのです。年によって不登校と病気の数がシーソーゲームをしている実態があります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...