不登校新聞

369号 (2013.09.01)

かがり火

2013年08月28日 15:11 by kito-shin


 アメリカの原子爆弾実験場であったロス・アラモスを国立公園にしようという動きがあることをテレビで報道していた。

 「原爆は人類の進歩の証だから、記念に残すのはいいことだ」「原爆は平和に役立つことを多くの人に知らせたい」という。

 被爆後68年、あの悲惨を現出させたもとになった場所を讃えるとはなんと恐ろしいことかと思う。それはアメリカのこと、とすましてはいられない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...