不登校新聞

484号 2018/6/15

『不登校新聞』創刊20周年を新たな出発点として

2018年06月13日 11:25 by kito-shin



 『不登校新聞』創刊20周年の記念集会に参加してきた。この新聞が20年も続くということは、創刊当時は考えもしなかったが、これも編集局と読者の熱心な取組みの成果の一つではなかったかと思う。

 20年も続けようという欲もなければ、何かを成し遂げようという期待もあったわけではなく、ひたすら不登校やひきこもりに情熱を注いできた結果でもあろう。編集者と読者のみなさんに改めて感謝したい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

光の春は確実に【コラム】

502号 2019/3/15

新しい事務所に変わって【編集後記】

502号 2019/3/15

国会上程は見送り 不登校の歴史vol.502

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...