不登校新聞

484号 2018/6/15

『不登校新聞』創刊20周年を新たな出発点として

2018年06月13日 11:25 by kito-shin



 『不登校新聞』創刊20周年の記念集会に参加してきた。この新聞が20年も続くということは、創刊当時は考えもしなかったが、これも編集局と読者の熱心な取組みの成果の一つではなかったかと思う。

 20年も続けようという欲もなければ、何かを成し遂げようという期待もあったわけではなく、ひたすら不登校やひきこもりに情熱を注いできた結果でもあろう。編集者と読者のみなさんに改めて感謝したい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールの学習ってどうなってるの【書籍紹介】

496号 2018/12/15

さまざまな人の意見は 不登校の歴史vol.496

496号 2018/12/15

春を待つのだ、猫とともに【編集後記】

496号 2018/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...