不登校新聞

484号 2018/6/15

私が支えられたのは現代アート【不登校当事者手記】

2018年06月14日 12:18 by kito-shin



 空が青色だと気づけるようになったのは、27歳をすぎてからのことだ。人生は暗く、私に見える世界は幼少期からモノクロだった。

 痛みに満ちていた10代のころに、救済になったのは美術館だ。とくに現代アートが好きで、各地で開かれる美術展によく足を運んでいた。アートは「わからない」とか「難しい」とか言われるけれど、私にとっては、学生生活のほうがよほどわからなくて難しいものだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「入学式は行く」と決意したのに、まったく行けなかった私の不登校

527号 2020/4/1

「つらい仕事のイメージを変えたい」不登校で学んだ自己決定を支えに

527号 2020/4/1

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。