不登校新聞

484号 2018/6/15

私が支えられたのは現代アート【不登校当事者手記】

2018年06月14日 12:18 by kito-shin



 空が青色だと気づけるようになったのは、27歳をすぎてからのことだ。人生は暗く、私に見える世界は幼少期からモノクロだった。

 痛みに満ちていた10代のころに、救済になったのは美術館だ。とくに現代アートが好きで、各地で開かれる美術展によく足を運んでいた。アートは「わからない」とか「難しい」とか言われるけれど、私にとっては、学生生活のほうがよほどわからなくて難しいものだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校のすべてが敵に思えた」中学3年生が語る今の本音とは

519号 2019/12/1

「学校へ行けない僕は失敗作」 追いつめられた僕に訪れた転機

518号 2019/11/15

あの凄惨な事件から40年、私にとっての戸塚ヨットスクール

518号 2019/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...