不登校新聞

484号 2018/6/15

私が支えられたのは現代アート【不登校当事者手記】

2018年06月14日 12:18 by kito-shin



 空が青色だと気づけるようになったのは、27歳をすぎてからのことだ。人生は暗く、私に見える世界は幼少期からモノクロだった。

 痛みに満ちていた10代のころに、救済になったのは美術館だ。とくに現代アートが好きで、各地で開かれる美術展によく足を運んでいた。アートは「わからない」とか「難しい」とか言われるけれど、私にとっては、学生生活のほうがよほどわからなくて難しいものだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「いってらっしゃい」と言いたくて ひきこもる子を持つ親の本音

490号 2018/9/15

ひたすらゲームばかり そんな子の心を覗いてみたら

490号 2018/9/15

就職も結婚もゴールじゃなかった おさんぽ女子会が喜ばれるワケ

490号 2018/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...