不登校新聞

484号 2018/6/15

不登校から「保健室登校」に変わったのは【別室登校中の14歳手記】

2018年06月14日 12:18 by kito-shin



連載「ただいま別室登校中!」vol.14

 不登校になり、一日中部屋を暗くしてベッドのなかで横たわっている“泥”のような状態だった私。ですが、“泥”のような状態で数週間すごしていたおかげで、「少しは動いてみよう」という意欲や、これからのことを考える気力が生まれてきていました。

 一方、私の両親は、担任の先生とのあいだで、私を学校へ復帰させようと、何度も話し合っていたそうです。そのことはあとから知りました。

 両親と担任は、私を少しの時間でも登校させ、学校にいる時間を徐々に伸ばしていこうという計画を立て、私もその計画を聞きました。私自身も「このままずっとベッドに寝ているわけにもいかない」と思い、とりあえず登校してみることにしました。

いざ校門をくぐると

 ところが、いざ校門をくぐってみると、早くも昇降口で足がすくんでしまい、お腹が妙に痛くなってくるのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

発達障害の診断が気持ちを楽にしてくれた【別室登校中の14歳手記】

486号 2018/7/15

登校するために必要だった前髪とマスク【別室登校中の14歳手記】

485号 2018/7/1

“泥”のようにすごしていた時期に聞いた大人からのアドバイスは【別室登校中の14歳手記】

483号 2018/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

483号 2018/6/1

学校で「これがイヤだった」という明確な理由はないんです。ただ、小さな「イヤ...