不登校新聞

484号 2018/6/15

私の生きづらさと孤立感【子ども若者編集部コラム】

2018年06月14日 12:21 by kito-shin



 私は現在24歳。不登校の経験はありませんが、ずっと生きにくさを感じながら生きてきました。

 私は幼いころからずっと「誰も私のことを見てくれていない」と感じてきました。学校でも、社会に出てからも、自分の発言がまるでなかったかのように会話が流れていくことが何度もありました。「私の発言や気持ちはどこに行ったのだろう」、「私の存在をなかったことにしている」。

 そんなふうに思った私は、他者とのあいだに線を引き、孤独を感じるようになりました。

 だから私は、孤独から身を守るために、自分で自分に注目してあげることにしました。傷つくたびに、体中のエネルギーを総動員して自分の心と対話するのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

地元の同級生から逃げ続けていた私が成人式に出席して感じたこと

569号 2022/1/1

「お約束の展開」とはちがう、ひきこもり男性の話

569号 2022/1/1

私が苦しんだ「自意識」から解放されるまで【18歳の不登校当事者手記】

568号 2021/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...