不登校新聞

484号 2018/6/15

私の生きづらさと孤立感【子ども若者編集部コラム】

2018年06月14日 12:21 by kito-shin



 私は現在24歳。不登校の経験はありませんが、ずっと生きにくさを感じながら生きてきました。

 私は幼いころからずっと「誰も私のことを見てくれていない」と感じてきました。学校でも、社会に出てからも、自分の発言がまるでなかったかのように会話が流れていくことが何度もありました。「私の発言や気持ちはどこに行ったのだろう」、「私の存在をなかったことにしている」。

 そんなふうに思った私は、他者とのあいだに線を引き、孤独を感じるようになりました。

 だから私は、孤独から身を守るために、自分で自分に注目してあげることにしました。傷つくたびに、体中のエネルギーを総動員して自分の心と対話するのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...