不登校新聞

507号 2019/6/1

私は夫のグチを言いに行ってます。不登校の親の会ってどんなもの?

2019年05月28日 12:11 by kito-shin



 2019年4月21日、「登校拒否を考える会」35周年を記念するイベントが東京都北区で開催された。プログラムのなかから、不登校の子どもを持つ親が登壇した「親が語る登校拒否・不登校」のシンポジウム抄録を掲載する。わが子の不登校をどう受けとめたのか。その際、自分にとって親の会はどんな場所だったのか、3人の母親が語った。

* * *

 息子は中学1年生の12月から学校へ行かなくなりました。

 不登校に関する本を何冊か読んでいて、「親の会というものがある」というのは知っていたので、年明けすぐに、「葛飾親の会」に参加しました。

 初めて参加したとき、率直に言って「親の会ってなんなんだ」と思いました。何のために行かなければいけないのか、参加することでどういう効果があるのか、さっぱりわからなかったんです。

 当時は私も「大多数の子どもは学校へ行っているわけだから、うちの子もいつかは学校に戻るだろう」と考えていましたから、「親の会で私は何をして、何を学んで帰るのかな?」ということが、よくわからなかったんです。

 親の会と一口に言っても、「復学支援」を行なっているところもあれば、「親の気持ちを整理すること」をメインにしているところなどいろいろあるわけですが、「葛飾親の会」は「子どものことを第一に考える」というスタンスでした。

 不登校についてはまだ何もわからなかったんですが、「これがベストだ」という私の直感を信じ、通ってみることにしました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者の声「手紙って」

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...