不登校新聞

507号 2019/6/1

「モヤモヤする気持ちが軽くなった」不登校の親の会は私の気持ちが落ち着く場

2019年05月28日 12:06 by kito-shin
2019年05月28日 12:06 by kito-shin

 2019年4月21日、「登校拒否を考える会」35周年を記念するイベントが東京都北区で開催された。プログラムのなかから、不登校の子どもを持つ親が登壇した「親が語る登校拒否・不登校」のシンポジウム抄録を掲載する。わが子の不登校をどう受けとめたのか。その際、自分にとって親の会はどんな場所だったのか、3人の母親が語った。

* * *

 息子が不登校したのは、中学2年生のときでした。運動が得意なタイプではなかったので、主人が「中学3年間は運動系の部活に入ったほうがいい」と説得して、バレー部に入れてしまったんですが、これがそもそもの失敗だったように思います。

 部活の顧問は、試合で負けたりすると、子どもをひっぱたくという先生だったんです。夏休み中の部活から帰ってきたとき、息子のほほが赤くはれていました。

 何を聞いても「なんでもない」としか言わず、しばらくして部活を休むようになりました。

 2学期が始まったある朝、学校の先生から「息子が学校に来ていない」という連絡がありました。息子はいつも通り家を出ていたので、大騒ぎになりました。

 私の友人もいっしょに探してくれ、やっと見つかったときには夜の10時をまわっていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】部屋にこもり親を遠ざける息子 固く閉ざされた心を溶かした父の対応

591号 2022/12/1

「強く育てないと」「楽になりたい」不登校の娘と母に起きたすれちがい

588号 2022/10/15

「このままでは親子で共倒れだ」小1で不登校した娘との闘いの日々

587号 2022/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…