不登校新聞

507号 2019/6/1

「どんな子が不登校になりやすい?」フリースクール代表の答え

2019年05月28日 12:08 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.11

 「不登校になる子をイメージしてください」と質問されたら、どんな子どもをイメージするでしょうか。私も「どんな子が不登校になりやすいですか」と聞かれるのですが、返答に窮してしまいます。

不登校する前は

 子どもが休み始めたあとにどんな状態になるかは、これまでの調査研究や経験上からおおよそ検討はつきますが、子どもが不登校になる前に、不登校になりうるような“何か”を持ちえているのかはわかりません。

 まさに、「なんらかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により登校しない、あるいはしたくともできない状況にある」という文科省の定義のとおりです。

 実際、私たちのフリースクールを利用している子たちだって、一人ひとりがまったくちがいます。また、不登校の全国大会などに参加すると、いろんな子どもがたくさんいて、ひとくくりにすることはできません。

 しかし、少しネット検索するだけでも、「不登校になりやすい子」とか「子どもが不登校になりやすい保護者」といったような記事がかんたんに出てきます。

 そういった内容は、科学的根拠に基づかないものも多いのです。不登校要因として「無気力」や「不安」、「家族関係」をとりあげて、子ども自身や保護者に起因しているような報道をするマスコミもあり、それを目にしてつらくなった子どもや保護者の方は少なくないと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「見守るのがつらい」親がそう思ったら読んでほしいこと

516号 2019/10/15

休み明けだからこそ、親の思いを伝えて フリースクール代表の思い

513号 2019/9/1

不登校の子の夏休みの過ごし方 保護者にとって大事なコツは

511号 2019/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...