不登校新聞

507号 2019/6/1

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

2019年05月28日 12:09 by kito-shin

連載「仮説なんですが…」vol.33

 現在、私は金沢市にあるフリースクール「ワンネススクール」のスタッフをしながら、同じ建物内でひきこもりのシェアハウス「洗心庵」を管理運営し、男性5名、女性2名の計7名で暮らしています。

 このシェアハウスの理念は「少しの豊かさと、心の平穏」です。赤の他人が同じ屋根のもとで暮らすことは、気になることもたくさんあります。

 ただ自分の身のまわりのことと炊事、洗濯と家賃さえ払えば好きなだけひきこもることができます。

 みな似た者どうしだからか居心地は悪くありません。とても静かでお風呂もトイレも重ならず、顔もあまり合わせません。ここはいろいろな支援もしません。

 周囲がすることは構わず放ったらかしにするだけ、安心してひきこもれるように工夫するだけです。

 そんなシェアハウスをやってみて見えたことがあります。ひきこもるという行為は、自分を守り、自分の心の傷を自分で治療している行為ではないか、と。

 それが今回、私が唱えたい仮説「ひきこもりは自己治療説」です。ひきこもると人は社会と距離を置きます。ときには家のなかにいながら家族とも距離を置きます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもが乱発する無愛想な返事、もしかして理由があるのでは

509号 2019/7/1

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...