不登校新聞

507号 2019/6/1

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

2019年05月28日 12:09 by kito-shin

連載「仮説なんですが…」vol.33

 現在、私は金沢市にあるフリースクール「ワンネススクール」のスタッフをしながら、同じ建物内でひきこもりのシェアハウス「洗心庵」を管理運営し、男性5名、女性2名の計7名で暮らしています。

 このシェアハウスの理念は「少しの豊かさと、心の平穏」です。赤の他人が同じ屋根のもとで暮らすことは、気になることもたくさんあります。

 ただ自分の身のまわりのことと炊事、洗濯と家賃さえ払えば好きなだけひきこもることができます。

 みな似た者どうしだからか居心地は悪くありません。とても静かでお風呂もトイレも重ならず、顔もあまり合わせません。ここはいろいろな支援もしません。

 周囲がすることは構わず放ったらかしにするだけ、安心してひきこもれるように工夫するだけです。

 そんなシェアハウスをやってみて見えたことがあります。ひきこもるという行為は、自分を守り、自分の心の傷を自分で治療している行為ではないか、と。

 それが今回、私が唱えたい仮説「ひきこもりは自己治療説」です。ひきこもると人は社会と距離を置きます。ときには家のなかにいながら家族とも距離を置きます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクール代表が仮説を提言「実は不登校は増えていない」説

551号 2021/4/1

なぜ現在の支援は不十分なのか、ひきこもり経験者が考えてみた

550号 2021/3/15

「不登校の理解が広がると同時に分断も深まる」説

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...