不登校新聞

508号 2019/6/15

暑さ対策に学校は手を打てないものか

2019年06月11日 12:06 by kito-shin
2019年06月11日 12:06 by kito-shin



 5月下旬から記録的な暑さが続いた。学校でも体育の授業や運動会などで、熱中症の子どもたちが全国各地で救急搬送されるという報道が相次いだ。

 これだけ暑い日が続くのだから、屋外での運動を延期したり、見直しすることはできなかったのか。

 安全なはずの学校に子どもを行かせて、命を落としたのでは親はたまらない。学校へ行かせて命を落とすくらいなら、家でのんびりすごさせてやりたかったと誰でも考えるのではないか。

 また運動会の競技のほとんどが勝ち負けを競うことが多いが、人生のすべてが勝ち負けだけで決まるものではないことも学んでほしい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもり 相談先・親の会一覧

591号 2022/12/1

『不登校新聞』のおすすめ

591号 2022/12/1

編集後記

591号 2022/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…