不登校新聞

508号 2019/6/15

暑さ対策に学校は手を打てないものか

2019年06月11日 12:06 by kito-shin



 5月下旬から記録的な暑さが続いた。学校でも体育の授業や運動会などで、熱中症の子どもたちが全国各地で救急搬送されるという報道が相次いだ。

 これだけ暑い日が続くのだから、屋外での運動を延期したり、見直しすることはできなかったのか。

 安全なはずの学校に子どもを行かせて、命を落としたのでは親はたまらない。学校へ行かせて命を落とすくらいなら、家でのんびりすごさせてやりたかったと誰でも考えるのではないか。

 また運動会の競技のほとんどが勝ち負けを競うことが多いが、人生のすべてが勝ち負けだけで決まるものではないことも学んでほしい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

先生も指導も職員室もない「公立フリースクール」の実践を紹介

531号 2020/6/1

一進一退の状況のなかで 不登校の歴史vol.531

531号 2020/6/1

かがり火

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...