不登校新聞

508号 2019/6/15

“不登校をすることの苦しさ”経験者らがアンケート開始

2019年06月11日 12:16 by kito-shin
2019年06月11日 12:16 by kito-shin

 シューレ大学は5月20日から6月21日にかけて、「不登校をすることでの苦しさの調査」をインターネット上で実施している。

 「不登校による苦しさ」について、不登校経験者から声を集めるとともに、結果については、社会の理解促進を目的として広く発信するというのが今回のねらいだ。

 アンケート調査の内容は

 ▽不登校経験の状況
 ▽不登校を経験したことによる「欠落感」
 ▽否定的な感覚や不安などの状態について問うもの。

 選択式の項目のほか、自由記述欄も設けている。

 シューレ大学は今回、不登校経験者500名の声を集めることを目標にしており、結果については、6月22日に行なわれる「シューレ大学20周年イベント」で発表するという。

 アンケート調査は、シューレ大学のHP、もしくは「不登校をすることでの苦しさの調査」と検索することで回答可能だ。

アンケートサイトへ

関連記事

12月9日開催オンラインイベント「子どもへの『正しい』叱り方と甘えさせ方」のお知らせ

591号 2022/12/1

不登校・ひきこもりイベント情報「不登校・ひきこもりの人達と関わる24時間365日空いてる居場所」開催へ

591号 2022/12/1

不登校経験者が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

591号 2022/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…