不登校新聞

508号 2019/6/15

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

2019年06月11日 12:20 by kito-shin


人事採用の担当経験がある岡田早苗さん

 2019年5月19日(日)、東京都文京区にて、『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベント「不登校だけど働けますか? 人事採用担当者に聞く、不登校からの就職」を開催した。採用担当経験者である田中慶一さん(仮名)、岡田早苗さんのお2人をゲストに迎え、不登校と就労についてお話をうかがった。

* * *

(田中)初めまして。田中と申します。某企業で人事部長をしていた経験があります。

 僕はこれまで、おそらく数千人の面接をしているので、採用側の事情や仕組みなど、お話できればと思います。また、僕自身もひきこもりの経験がある子どもの親でもあります。よろしくお願いいたします。

(岡田)こんにちは。岡田です。私は、数年前に30人~40人くらいの会社の中途採用と新卒採用の担当をしておりました。よろしくお願いします。

――お二人は採用にあたって、志望者のどういうところを重視するのでしょうか?

(田中)大前提として本人が働きたいと思っているかどうかが重要です。働くと、たいへんなことはかならずありますから、そうしたことも自分で乗り越えていこうという思いになっていらっしゃるかどうか。これが人を見るうえで一番の土台になります。

 そのうえで重視していることは「自分の会社に入ってこの人は活躍してくれるかどうか?」ということです。それを見極めるために、2つのことに着目します。

 ひとつはスキルや経験を含めて、その人が活躍できる力を持っていらっしゃるかどうか。もうひとつはわれわれの職場に合う方かどうか、です。

 合う合わないはかならずあるので、われわれの職場でハッピーになってくれる確率が高い人を採用したいですね。

活躍する人の3つの特徴

(岡田)採用後の何年かを見ていると、「活躍する人」と「あともうひといきなのに」という人がいます。その差は何かと考えてみると、3つの特徴があるように思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

「PTAは辞められます」専門家が教える穏便な退会の仕方

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...