不登校新聞

512号 2019/8/15

京アニの事件に思う【編集後記】

2019年08月09日 10:56 by kito-shin

 「京アニの事件」について考えたい。

 あまりにも多くのものが失われてしまった。火事で失われた、たくさんの人命や資料。

 そして亡くなられた方に若い方が多かったことから、彼らが将来つくるはずであった、未来にわたる素晴らしい作品たちが失われた。

 さらには、京アニのアニメを見た子どもたちが救われたり、生きる意味を見出したりする将来にわたる「素晴らしい出会い」が失われたのだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...