不登校新聞

512号 2019/8/15

京アニの事件に思う【編集後記】

2019年08月09日 10:56 by kito-shin

 「京アニの事件」について考えたい。

 あまりにも多くのものが失われてしまった。火事で失われた、たくさんの人命や資料。

 そして亡くなられた方に若い方が多かったことから、彼らが将来つくるはずであった、未来にわたる素晴らしい作品たちが失われた。

 さらには、京アニのアニメを見た子どもたちが救われたり、生きる意味を見出したりする将来にわたる「素晴らしい出会い」が失われたのだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりUXが「自助会の作り方講座」全国キャラバンへ

514号 2019/9/15

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

514号 2019/9/15

不登校・ひきこもりイベント情報

514号 2019/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...