不登校新聞

512号 2019/8/15

京アニの事件に思う【編集後記】

2019年08月09日 10:56 by kito-shin

 「京アニの事件」について考えたい。

 あまりにも多くのものが失われてしまった。火事で失われた、たくさんの人命や資料。

 そして亡くなられた方に若い方が多かったことから、彼らが将来つくるはずであった、未来にわたる素晴らしい作品たちが失われた。

 さらには、京アニのアニメを見た子どもたちが救われたり、生きる意味を見出したりする将来にわたる「素晴らしい出会い」が失われたのだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...