不登校新聞

512号 2019/8/15

京アニの事件に思う【編集後記】

2019年08月09日 10:56 by kito-shin

 「京アニの事件」について考えたい。

 あまりにも多くのものが失われてしまった。火事で失われた、たくさんの人命や資料。

 そして亡くなられた方に若い方が多かったことから、彼らが将来つくるはずであった、未来にわたる素晴らしい作品たちが失われた。

 さらには、京アニのアニメを見た子どもたちが救われたり、生きる意味を見出したりする将来にわたる「素晴らしい出会い」が失われたのだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

指導要録上の出欠の扱い 不登校の歴史vol.539

539号 2020/10/1

ひといき

539号 2020/10/1

森の喫茶店 第539号

539号 2020/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...