不登校新聞

512号 2019/8/15

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

2019年08月09日 11:29 by kito-shin

 

 この時期、不登校の子どもを悩ませるのが「里帰り」です。「里帰りせずにすむ方法を知りたかった」なんて声を聞くこともあります。

 そもそも、なぜ「里帰り」をいやがるのでしょうか。理由はさまざまですが、「学校の話題が出ること」に不安感や恐怖感を感じる子どもが多いように思います。

「学校はどうだ?」気軽さがつらい

 祖父母や親戚らと顔を合わせる機会なんて、年に1、2回程度のこと。どうしたって、近況報告が会話の取っ掛かりになりがちです。

 しかも、「今、何年生になった?」「部活は何をしているんだ?」といった話題は、かつて学生だった大人にとっても気軽に聞きやすいわけです。

 しかし、その気軽さこそが、子どものつらさの原因につながることがあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

「PTAは辞められます」専門家が教える穏便な退会の仕方

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...