不登校新聞

512号 2019/8/15

不登校から学歴を拒否した僕の思い、一般論で決めつけないで

2019年08月09日 11:02 by kito-shin

 学歴ってなんだろう? 僕は中学1年生で不登校になり、その後、15歳のときにひとつの目標を立てました。

 それは一生、高校にも大学にも専門学校にも行かないで生きていくこと。学校というものが心底イヤになっていたんです。

 最初は家族からの反対もありましたが、最終的には精神科医から「今はいろんな道がどんどん増えてきているから、学校が合わないなら行かなくてもいい」と言われ、それをきっかけに家族の理解も得られ、救われました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校を機に「自分が嫌いになった」17歳がぶつかった理想と現実

562号 2021/9/15

自分の性別にずっと違和感が。性同一性障害に出会うまで

561号 2021/9/1

23歳で高校を卒業した僕。社会の学歴の「当たり前」に感じた疑問

561号 2021/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

561号 2021/9/1

2021年8月21日 NPO法人全国不登校新聞社は子どもにかかわるすべての...

560号 2021/8/15

娘が夏休み明けに突然の不登校。娘のペースを大事にしたいと思いながらも揺れて...