不登校新聞

512号 2019/8/15

不登校から学歴を拒否した僕の思い、一般論で決めつけないで

2019年08月09日 11:02 by kito-shin

 学歴ってなんだろう? 僕は中学1年生で不登校になり、その後、15歳のときにひとつの目標を立てました。

 それは一生、高校にも大学にも専門学校にも行かないで生きていくこと。学校というものが心底イヤになっていたんです。

 最初は家族からの反対もありましたが、最終的には精神科医から「今はいろんな道がどんどん増えてきているから、学校が合わないなら行かなくてもいい」と言われ、それをきっかけに家族の理解も得られ、救われました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...