不登校新聞

512号 2019/8/15

学校との電話連絡でヘトヘトに、先輩お母さんが見つけた乗り切り方

2019年08月28日 14:39 by kito-shin

連載「不登校あるある」vol.1

 子どもが不登校になったとき、誰彼かまわず相談できるわけでもないため、一人で抱え込んで悩まれている親御さんもいらっしゃると思います。

 でも、安心してください。「これってウチだけ?」という悩みのなかには、親の会などで「うちもそうだった」「よくある話よね」と、頻繁に話題にあがるテーマも多いもの。

 そんな「不登校あるある」に直面した場合、親としてどうしたらよいかを考える本連載。第1回のテーマは「学校への電話連絡」です。

連絡は「行く日」だけ

 朝の忙しい時間帯の合間をぬって「今日は休ませます」という電話連絡をすることは、親にとってしんどいことがあります。最初はよくても、何カ月も続けているうちに、電話そのものがおっくうになってしまいます。

 こんなとき、どうすればいいのか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

わが子の勉強の遅れが気になるときの親の心構え

516号 2019/10/15

ゲームばっかりの子ども、親が考えるべきこととは

515号 2019/10/1

不登校家庭に学校から突然の「安否確認」。まず考えるべき点とは

513号 2019/9/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...