不登校新聞

512号 2019/8/15

都会に比べて選択肢少なすぎ!ツラいんだよ田舎の不登校

2019年08月09日 11:05 by kito-shin

 今回執筆したのは、中学生のときに不登校をしていた、ゆずさん。地方で暮らす苦しさを書いてもらった。

* * *

 私は中学生1年生から3年生のあいだ不登校をしたが、住んでいる地域が「田舎」だったからこその苦しみに、ずっと悩み続けてきた。

 とりわけ困ったのは、不登校の人々にとって田舎は選択肢が少ないことだ。自分の経験を通して地方で暮らす不登校の苦しさを伝えられたらと思う。

中1で不登校に

 私が不登校になったのは中学1年の春だった。もともと小学生のころにいじめに巻き込まれたことがきっかけで人間不信におちいり、中学生になっても何かの拍子にまたいじめられるのではないかと恐怖におびえていた。

 実際、中学生になると強制的に部活に入部させられ、先輩後輩といった上下関係にとまどうなど、苦痛を感じるようになった。

 日に日にストレスがたまり、毎日涙が止まらなくなり、これが自分の限界だと悟った。それ以降、中学校にはほとんど行ってない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【世界一受けたい授業出演特集】不登校から東大、リクルートへ ありがたかった母の対応

552号 2021/4/15

小6の私の心に突き刺さったのは、担任からの思いがけない言葉

552号 2021/4/15

他人の目を恐れてた中学生の自分に28歳になった今伝えたいこと

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...