不登校新聞

512号 2019/8/15

都会に比べて選択肢少なすぎ!ツラいんだよ田舎の不登校

2019年08月09日 11:05 by kito-shin

 今回執筆したのは、中学生のときに不登校をしていた、ゆずさん。地方で暮らす苦しさを書いてもらった。

* * *

 私は中学生1年生から3年生のあいだ不登校をしたが、住んでいる地域が「田舎」だったからこその苦しみに、ずっと悩み続けてきた。

 とりわけ困ったのは、不登校の人々にとって田舎は選択肢が少ないことだ。自分の経験を通して地方で暮らす不登校の苦しさを伝えられたらと思う。

中1で不登校に

 私が不登校になったのは中学1年の春だった。もともと小学生のころにいじめに巻き込まれたことがきっかけで人間不信におちいり、中学生になっても何かの拍子にまたいじめられるのではないかと恐怖におびえていた。

 実際、中学生になると強制的に部活に入部させられ、先輩後輩といった上下関係にとまどうなど、苦痛を感じるようになった。

 日に日にストレスがたまり、毎日涙が止まらなくなり、これが自分の限界だと悟った。それ以降、中学校にはほとんど行ってない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校を機に「自分が嫌いになった」17歳がぶつかった理想と現実

562号 2021/9/15

自分の性別にずっと違和感が。性同一性障害に出会うまで

561号 2021/9/1

23歳で高校を卒業した僕。社会の学歴の「当たり前」に感じた疑問

561号 2021/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

561号 2021/9/1

2021年8月21日 NPO法人全国不登校新聞社は子どもにかかわるすべての...

560号 2021/8/15

娘が夏休み明けに突然の不登校。娘のペースを大事にしたいと思いながらも揺れて...