不登校新聞

512号 2019/8/15

半年後の国会審議再開 不登校の歴史vol.512

2019年08月09日 10:50 by kito-shin

 「教育機会確保法」は2016年5月、審議未了のまま通常国会が終了した。その後、どうなったのか。

 秋には、臨時国会が開催される。私たちは、早く審議を再開してほしい、との気持ちから、今か、今か、と待った。審議未了からちょうど半年後の11月18日、衆議院文部科学委員会では法案審議に入ることになった。

 文部科学委員会で印象深かったのは、寺田学議員の演説であった。フリースクール等推進議員連盟の活動を積極的に担う一人で、民主党(当時)であったが、確保法推進の立場から、堂々と自身の不登校経験を述べられた。

 さらに、寺田さんの奥さんも不登校を経験し、東京シューレでボランティアをしたこともある、その立場から、不登校支援と休むことの必要性、学校外の学びの重要性を盛り込んだこの法律を成立させたい、と語った。

 その話には、とても迫力があり、説得力があった。質疑や意見交換があり、いよいよ丹羽座長試案に対する採決が行なわれた。

 そのとき、「議長!」と手が上がり、「ここで附帯決議を提案いたします」という声がして、指名されると、その議員が、附帯決議を読み上げていった。

 とても早口だったが、聞いていて、あ、これなら、法案に反対だった党派の人たちも大丈夫と思うのかな、とその知恵に感心した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...