不登校新聞

512号 2019/8/15

半年後の国会審議再開 不登校の歴史vol.512

2019年08月09日 10:50 by kito-shin

 「教育機会確保法」は2016年5月、審議未了のまま通常国会が終了した。その後、どうなったのか。

 秋には、臨時国会が開催される。私たちは、早く審議を再開してほしい、との気持ちから、今か、今か、と待った。審議未了からちょうど半年後の11月18日、衆議院文部科学委員会では法案審議に入ることになった。

 文部科学委員会で印象深かったのは、寺田学議員の演説であった。フリースクール等推進議員連盟の活動を積極的に担う一人で、民主党(当時)であったが、確保法推進の立場から、堂々と自身の不登校経験を述べられた。

 さらに、寺田さんの奥さんも不登校を経験し、東京シューレでボランティアをしたこともある、その立場から、不登校支援と休むことの必要性、学校外の学びの重要性を盛り込んだこの法律を成立させたい、と語った。

 その話には、とても迫力があり、説得力があった。質疑や意見交換があり、いよいよ丹羽座長試案に対する採決が行なわれた。

 そのとき、「議長!」と手が上がり、「ここで附帯決議を提案いたします」という声がして、指名されると、その議員が、附帯決議を読み上げていった。

 とても早口だったが、聞いていて、あ、これなら、法案に反対だった党派の人たちも大丈夫と思うのかな、とその知恵に感心した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりUXが「自助会の作り方講座」全国キャラバンへ

514号 2019/9/15

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

514号 2019/9/15

不登校・ひきこもりイベント情報

514号 2019/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...