不登校新聞

527号 2020/4/1

新年度という節目を目の前に親が不登校の子にしてあげられること

2020年03月31日 14:40 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.27

 今回のテーマは、「新年度に向けて、保護者は何をしたらよいのか」ということです。

 相談は以下のようなものです。

 「子どもが不登校になってから、学校には全然行けなかったのですが、新年度から少しは行ってもよいと言っています。親としては、スムーズに学校生活を送れるように、塾などへ行って学習の遅れを取り戻したり、せめて生活リズムの乱れをそのままにすることはないようにしたり、準備する必要があるのではないでしょうか」。

 この時期の相談の多くは、同じような内容です。保護者として、新年度が「子どもも自分も変化できるよいタイミングだ」と捉えているのが伝わってきます。あるいは、周囲の期待やプレッシャーを強く受けた焦りもあるかもしれません。

 そんなソワソワした雰囲気は、おそらくすぐに子どもに伝わります。子どもが、その変化に合わせていこうと思えるほどの余裕と意欲があるなら、よいタイミングなのかもしれません。

 しかし、そうでなければ、子どもにとって「自分の気持ちを無視して、変えられてしまう」という不安や憤り、怒りになってしまいます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校を許すのは「過保護」なのか、フリースクール代表の回答

533号 2020/7/1

「不登校はお母さんのせいだ」という子どもの言葉の裏側にある背景

532号 2020/6/15

子どもの休みグセを「戻したい」と思ったら考えてほしいこと

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...