不登校新聞

527号 2020/4/1

小中学校で2度の不登校を経験、私の支えになった親の関わり方

2020年03月31日 14:41 by kito-shin

 今号から不登校経験者であり、親としてもホームスクーリングを実践している鈴木結さんの連載を始めます。

* * *

 本紙で連載された「不登校・ひきこもりの親が迎える5つの関門」(本紙517号~525号参照)。執筆者の野村俊幸は私の父です。

 父の連載は、中学校2年生の長女が不登校になり、紆余曲折あったものの最終的に長女を丸ごと受けいれることで、親子関係が改善し元気になった。その経験は、バイステックの原則に当てはまるものだったので、その原則を通じて不登校・ひきこもりの人にどう向き合ったらよいかをまとめたものでした。

 父が「学校へ行かなければ」という思い込みを切り替えるきっかけとなったのは、長女、つまり私の姉が不登校になったときです。

 当時私は4歳だったので、両親と姉の葛藤は覚えていません。そのため本欄では、不登校を最初から家族に受けいれてもらった子どもが、家族の態度や思いをどのように受け取り感じて成長したかを語っていきたいと思います。

 私は両親と10歳年上の姉のいる4人家族で育ち、小学校では友だちも多く先生からのウケもいい、とてもいい子でした。

 毎朝、近所の友だちと登校していたのですが、小学校3年生のころから「とくに理由もなくおたがいの陰口を言い合う」という現象が起こり始めます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

母になってわかった私の不登校に意味があった理由

533号 2020/7/1

共働き家庭と不登校、小4でも親不在ですごせる方法

532号 2020/6/15

学校へ行くか行かないかではなく、私たち家族が見つけた第三の道

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...