不登校新聞

527号 2020/4/1

不登校経験者が選んだ進路とは、安心できる将来のために必要なこと

2020年03月31日 14:39 by kito-shin

 不登校の子どもを持つ親が気になることに「進路」があります。インターネットが発達し、学校へ行かなくてもさまざまな知識を得られる時代になりました。

 そうしたこともあってか、「よい学校を出て、よい会社に就職なんて時代はもう古い」なんて声もしばしば聞かれますが、そうかんたんに割り切れるものではありません。

 「学校へ行ってくれたら」「せめて高卒資格ぐらいは」という思いを抱えながら悩まれている親御さんは少なくありません。

不登校その後

 消防士、鉄道運転士、獣医、介護士、作業療法士、社会福祉士、カフェ店長、漫画家、システムエンジニア、NPO職員。これらの職業名、いったいなんだと思いますか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「勉強しなきゃ」と焦るわが子に、親がかけてあげるべき言葉

530号 2020/5/15

学校が一斉休校でも「勉強の遅れを気にすることない」と思う記者の言い分

528号 2020/4/15

不登校のわが子の将来が不安、親が心がけるたった1つのこと

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...