不登校新聞

532号 2020/6/15

かがり火

2020年06月15日 09:10 by kito-shin

 新型コロナウイルス拡大防止のため出されていた緊急事態宣言が5月25日に解除され、東京も6月1日より学校が再開された。

 各地の学校は、分散登校や時間短縮、はたまた検温・消毒・マスク・3密を避ける、などなどたいへんな努力とともに通学が始まっている。

 日本初の小学校の不登校特例校である「東京シューレ江戸川小学校」も、開校後初めて、子どもたちがやってきた。入学式にあたる「始まりの会」は、4月にオンラインでやったけれど、リアルに会うのは初。

 何より子どもの気持ちが大事で、不安から休む子、ゆっくりやってくる子、それぞれでいい。少人数の教室は、距離をとって座っても広さはじゅうぶん。オンラインで知り合っていたせいか、意外とリラックスしている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育委員会は民間と連携して 不登校の歴史vol.538

538号 2020/9/15

ひといき

538号 2020/9/15

森の喫茶店 第538号

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...