不登校新聞

532号 2020/6/15

「ゲームのやりすぎが心配で」親の不安に専門家がアドバイス

2020年06月15日 11:14 by kito-shin

 不登校の子を持つ親にとって、昔も今も頭を悩ませるもの、それが「ゲーム」です。

 「ゲームに熱中するあまりご飯もろくに食べない」「明け方までゲームをしていて昼夜逆転の生活」「ゲームばかりで学力が心配」といった声は、不登校の親の取材などでもよく聞きます。

 そんなゲームに悩んでいる親御さんにご紹介したいのが今回の書籍です。最近のゲーム事情と親子の向き合い方について、医療と教育双方の専門家によるアドバイスが1冊にまとめられています。

 自身もゲーム好きだと語るのは、児童精神科医の関正樹さん。本書では「ゲーム障害」が「ICD-11」(WHOが作成する国際疾病分類)に正式に認定されたことの解説から始まり、専門家に相談する目安、医者によって診断が分かれる問題についてていねいに解説されています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクール「りんごの木」、30年の歩みを1冊の本で紹介

549号 2021/3/1

ゲーム障害やネット依存症に不安を抱える親に読んでほしい1冊

548号 2021/2/15

ひきこもりながら働いています。ひきこもりを雇うIT会社の挑戦【書籍紹介】

547号 2021/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...