不登校新聞

532号 2020/6/15

「ゲームのやりすぎが心配で」親の不安に専門家がアドバイス

2020年06月15日 11:14 by kito-shin

 不登校の子を持つ親にとって、昔も今も頭を悩ませるもの、それが「ゲーム」です。

 「ゲームに熱中するあまりご飯もろくに食べない」「明け方までゲームをしていて昼夜逆転の生活」「ゲームばかりで学力が心配」といった声は、不登校の親の取材などでもよく聞きます。

 そんなゲームに悩んでいる親御さんにご紹介したいのが今回の書籍です。最近のゲーム事情と親子の向き合い方について、医療と教育双方の専門家によるアドバイスが1冊にまとめられています。

 自身もゲーム好きだと語るのは、児童精神科医の関正樹さん。本書では「ゲーム障害」が「ICD-11」(WHOが作成する国際疾病分類)に正式に認定されたことの解説から始まり、専門家に相談する目安、医者によって診断が分かれる問題についてていねいに解説されています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもる子どもから見た父親、ひきこもり経験者が語る本音

534号 2020/7/15

「学校に行きたくない君へ」17人の著名人が語る不登校とは【書籍紹介】

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...