不登校新聞

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

2020年06月15日 09:37 by kito-shin


文科省が全国の学校に通知したマニュアル

 文科省は2020年5月22日、「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」を全国の教育委員会に通知した。

 マニュアルでは「感染が不安で休ませたい」という相談が保護者からあった際、合理的な理由があると校長が判断した場合「欠席扱いとしない」などの柔軟な対応が可能であるとの見解を示している。

 合理的な理由の例として「感染経路のわからない患者が急激に増えている地域であるなどにより、感染の可能性が高まっていると保護者が考える」などを挙げている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

小中高校でのいじめは61万件超 文科省が2019年度調査結果を発表

542号 2020/11/15

小学生の120人に1人が不登校、不登校過去最多の18万人超え

542号 2020/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...