不登校新聞

535号 2020/8/1

教室へ入れず保健室に登校してた私が、保健室の先生になるまで

2020年07月30日 12:31 by kito-shin

 2度の不登校を経験したのち、「保健室の先生になりたい」という夢を抱き、現在は小学校で養護教諭として働く佐倉由紀さん(20代・仮名)。不登校になった経緯から、「保健室の先生」になった今、思うことなどを話していただきました。

* * *

――不登校になったときのことを教えてください。

 私は小学校と中学校で2回、不登校になっています。最初は小学6年生の3学期でした。

 私はいわゆる「スクールカースト」の上位のほうにいる女の子と仲がよかったのですが、その子は機嫌が悪くなるといろんな人をいじめの標的にしていました。

 だからクラスでは「あの子の機嫌を損ねちゃいけない」と気をつかって接していたのですが、ある日、私が標的にされてしまったんです。

 そのときのことは今でもよく覚えています。朝、教室のドアを開けて、「おはよう」と言ったらクラスメイトに無視されました。それ以来、卒業するまで学校へ行けなくなってしまいました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

皆勤賞だった僕が不登校になるまでに起きたこと

546号 2021/1/15

「信号待ちの間に車から逃げた」11歳が語った自分の不登校

546号 2021/1/15

「都会の人ごみがうらやましい」田舎で始まった僕の不登校

546号 2021/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...