不登校新聞

535号 2020/8/1

「誰も助けてくれず心が壊れた」私が不登校になった理由

2020年07月30日 12:38 by motegiryoga

 一口に「不登校」と言っても、不登校になった理由や負った傷のかたちは人それぞれです。不登校経験者たちはどんなことに苦しみ、どんなきっかけで不登校になったのでしょうか。今回は、さゆりさん(19歳)の「不登校になった理由」を書いていただきました。

* * *

 私が不登校になった理由は、5年生のときに同じクラスの男子から受けた、いじめです。バイ菌扱いされたり、給食のときに自分の机だけ離されたり……。言葉や態度によるいじめをずっと受けていました。

 いじめを受けながらも、しばらくはがんばって学校に通っていたのですが、しだいに私は「教室に入ったら、今度は何をされるんだろう」と恐怖心を抱くようになりました。

 教室におびえる毎日に疲れ切った私は、ある日、ワラにもすがる思いでクラスでのことを相談室の先生に相談することにしました。

 でも、先生は「そんなことに負けてどうするの? 逃げるの?」と言い、怖がる私を無理矢理、教室に連れて行こうとしました。

 今ふり返ると、私をいじめていた人たちは外面のよい、いわゆる「よい生徒」だったし、私が身体的な暴力を受けていたわけでもなかったので、先生には小さな生徒どうしのトラブルに見えたのかもしれません。

 でも、当時の私にとって、いじめは本当にツラいできごとで、先生に話したことも私なりの必死のSOSでした。

 「誰も助けてくれないんだ。いじめられる自分なんか死んだほうがいいのかもしれないな」と、いじめに加え、まわりが自分のツラさを受けとめてくれなかったことが重なり、私の心はどんどん壊れていきました。

 中学はいじめてきた同級生とはちがう学校に通ったのですが、結局、私は中学でもいじめのトラウマからクラスメイトに心を開くことができませんでした。

 いじめられたことは、私の心の一生の傷になっています。19歳になった今でも、ときどき当時のことを鮮明に思い出し、フラッシュバックを起こしてしまうほどです。

 不登校になって悪いことばかりではありませんでしたが、あのいじめがなければ、「私の人生は変わっていたのかもしれない」と思うと、複雑な気持ちです。(さゆり・19歳)

関連記事

学校での同調圧力が僕はずっとツラかった

539号 2020/10/1

不登校経験者4名が綴る。「私はこの言葉に救われ、支えられた」

538号 2020/9/15

過干渉な母との20年、解放のきっかけは夫の一言

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...