不登校新聞

535号 2020/8/1

給食が食べられなかった私、先生からの言葉で不登校に

2020年07月30日 12:33 by kito-shin

 一口に「不登校」と言っても、不登校になった理由や負った傷のかたちは人それぞれです。不登校経験者たちはどんなことに苦しみ、どんなきっかけで不登校になったのでしょうか。今回は、SORAさん(10代)の「不登校になった理由」を書いていただきました。

* * *

 私が不登校になった理由は、給食のときに先生からかけられた言葉です。私は、クラスメイトが教室で吐いてしまったことがきっかけで、小学4年生から給食が食べられなくなりました。

 「給食を食べたら私も気分が悪くなって吐いてしまうのではないか。もし、そうなったらまわりに迷惑をかけてしまう」と考えがめぐり、人前でご飯を食べることに不安を感じるようになってしまったのです。

 お腹は空いているのに、どうしても給食に手をつけられず、給食の時間は、ただ自分の席に座ってクラスメイトが食べているのを眺めているだけでした。食べたいのに食べられないことが、本当にツラかったです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

皆勤賞だった僕が不登校になるまでに起きたこと

546号 2021/1/15

「信号待ちの間に車から逃げた」11歳が語った自分の不登校

546号 2021/1/15

「都会の人ごみがうらやましい」田舎で始まった僕の不登校

546号 2021/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...