不登校新聞

535号 2020/8/1

給食が食べられなかった私、先生からの言葉で不登校に

2020年07月30日 12:33 by kito-shin
2020年07月30日 12:33 by kito-shin

 一口に「不登校」と言っても、不登校になった理由や負った傷のかたちは人それぞれです。不登校経験者たちはどんなことに苦しみ、どんなきっかけで不登校になったのでしょうか。今回は、SORAさん(10代)の「不登校になった理由」を書いていただきました。

* * *

 私が不登校になった理由は、給食のときに先生からかけられた言葉です。私は、クラスメイトが教室で吐いてしまったことがきっかけで、小学4年生から給食が食べられなくなりました。

 「給食を食べたら私も気分が悪くなって吐いてしまうのではないか。もし、そうなったらまわりに迷惑をかけてしまう」と考えがめぐり、人前でご飯を食べることに不安を感じるようになってしまったのです。

 お腹は空いているのに、どうしても給食に手をつけられず、給食の時間は、ただ自分の席に座ってクラスメイトが食べているのを眺めているだけでした。食べたいのに食べられないことが、本当にツラかったです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

「この人に会えたら変われる気がした」7年ひきこもりした男性が憧れの人に出会うまで

595号 2023/2/1

優等生の僕に起きた異変 突然の体の不調は「もう限界」のサイン

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…