不登校新聞

541号 2020/11/1

法ができてからの変化 不登校の歴史vol.541

2020年10月27日 11:25 by kito-shin

 突然、石井編集長より、この「不登校の歴史」を年内で終了するようにメールが来ました。私としては、あと1年は続けたいと思っていましたが、ダメとのことで、では、年度内の3月までと交渉しましたが、了解いただけませんでした。そこで、この回を入れて4回で、まとめますが、紙面が足りず残念です。

* * *

 つい前号まで「普通教育機会確保法」の成立、内容、基本指針、10月25日通知まで書いてきました。この確保法の存在は、日本の不登校の歴史には、大きな影響があることでした。

 では、実際どんな変化があったでしょうか。

 現場的にもっとも大きな変化は、学校へ戻す動きは減り、不登校の子どもや親が楽になってきていることで、私たちが親の会や東京シューレ、全国ネットを結成したころと比べ、ほんとに大きなちがいを感じます。

 以前、親の会では、学校復帰させようとの学校の対応・働きかけにどうしたらいいのか、学校はわかってくれない、という悩みでいっぱいという時代もありました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

549号 2021/3/1

森の喫茶店 第549号

549号 2021/3/1

ひといき

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...