不登校新聞

541号 2020/11/1

コロナ禍によって新しい不登校像が生まれてくる説

2020年10月27日 12:05 by kito-shin

連載「仮説なんですが…」vol.38

 新型コロナウイルス感染症の流行に政府は一斉休校を命じました。これが解除された後に不登校になる児童生徒が増えているらしい、という話が出てきています。

 これは考えてみれば至極当然なことです。一斉休校が終わり学校が始まるというのは、言うなれば国を挙げての登校圧力がすべての児童生徒に降り注いでいるものです。

 もともと学校へ行きたくないなか、がんばっていた人にとっては、コップから水があふれる最後の一滴を与えられたようなものです。

 さて、これは仮説ですが、この増えた不登校児童生徒のなかに、これまで登校に抵抗はなかったが、一斉休校中に学校へ行かなくても毎日の生活ができると気づいて学校へ行くのをやめたというケースが、かなりあるのではないでしょうか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「よい場には、ちょうどいいゆるさが必要である」説

548号 2021/2/15

不登校への印象を明るくするだけで、はたして不登校は解決するのか

547号 2021/2/1

「不登校」ではなく「不来校」を問題にすべき説

546号 2021/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...