不登校新聞

541号 2020/11/1

「アドバイスしないようにする」不登校の親の会代表に聞く支援論

2020年10月27日 12:37 by kito-shin


 親のつらさによりそう「不登校の子を持つ親の会」。全国で開催され、本紙でも毎号紹介している。そんな親の会は、コロナの影響や、世代交代などによって、変化が起きているところも少なくない。今回は親の会の世話人3名に、現状や課題、会を運営する上で大切にしているこなどについてお話をうかがった。(企画・編集/茂手木涼岳)

* * *

群馬県「太田・手をつなぐ会」松山貴子さん(仮名)

 群馬県太田市で「太田・手をつなぐ会」の世話人をしております松山貴子です。会を始めて今年で20年が経ちました。

 例会は以前は毎月やっていたんですが、今は不定期で2カ月に1回ほど開催しています。参加者は多いときで10人。少ないと2~3人でしょうか。

 今年はコロナウイルスの影響で開催できない期間がありましたが、夏からまた活動を再開をしています。

 今、親の会をやっていて、悩んでいることがあります。それは、参加者の年代のギャップです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子の対応で夫婦が同じ方向を向くようになったきっかけ

579号 2022/6/1

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

離島における不登校の現実、親のしんどさ 奄美大島に誕生した「フリースクールMINE」

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...