不登校新聞

550号 2021/3/15

フリースクールに通う際の交通費、学割定期券が使える方法を解説します

2021年03月15日 18:45 by koguma
2021年03月15日 18:45 by koguma

 不登校の子どもが通う学校外の居場所のひとつに、フリースペースやフリースクールなどの民間施設があります。その際、毎月の会費だけでなく、交通費も親としては気になるところです。

 フリースクールは学校ではないため「通学定期券」は使えないと思われている方もいるかもしれませんが、じつは文部科学省の通知に基づき「通学定期券」が利用できる場合があります。

 今回は、小学生や中学生の子どもが民間施設に通う際の通学定期券の申請方法や注意点について整理していきます。

対象となるのは 

 フリースクールなどの民間施設に通う場合に利用できる定期券の正式名称は「実習用通学定期乗車券」といいます。

 ただし、これはどんな場合にも適用されるわけではありません。対象となるのは「子どもが在籍する学校の校長が、その施設に通う日数を指導要録上の出席扱いと認めた場合」です。つまり、フリースクールに通っていたとしても、それを在籍校の校長が出席と認めない場合には適用されません。

申請から発売

 つぎに申請の方法ですが、鉄道会社を例に考えていきます(上図参照)。手順は5段階からなります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「死にたい」と子どもに言われたとき 親がしてはいけないこと

589号 2022/11/1

【全文公開】手洗いや長時間の入浴 強迫神経症に悩む子どもに親ができること

588号 2022/10/15

【全文公開】朝起きられなくて学校へ行けない 起立性調節障害から考える不登校

587号 2022/10/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…