不登校新聞

550号 2021/3/15

ちゃんとした大人にならなきゃ、不登校その後の「呪い」が晴れるまで【書籍紹介】

2021年04月04日 08:31 by koguma

 小学1年生から中学生にかけて不登校を経験したマンガ家の棚園正一さん。自身の経験をマンガにまとめた『学校へ行けない僕と9人の先生』を出版してから5年、その続編となる『学校へ行けなかった僕と9人の友だち』が3月27日に出版されます。

 今作のキーワードは「ちゃんとした大人にならなきゃ」という棚園さん自身の思いです。前作のキーワードだった「フツウにならなきゃ」という思いと地続きにつながっており、これこそが「不登校その後」の棚園さんを苦しめ続ける根っこ、言い換えれば「呪い」のようなものになっていたのではないかと、読みながら感じました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校取材歴20年のノウハウを集約 親にできることを徹底解説した1冊

580号 2022/6/15

全国の不登校の居場所情報が載った親必携の1冊

579号 2022/6/1

当事者の声を聴き続けて20年、ひきこもり支援とは何かを問う1冊

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...