不登校新聞

550号 2021/3/15

なぜ現在の支援は不十分なのか、ひきこもり経験者が考えてみた

2021年03月15日 18:45 by motegiryoga
2021年03月15日 18:45 by motegiryoga


新舛秀浩さん

連載「仮説なんですが…」vol.47

 私は不登校・ひきこもりを経験し、今は講演活動などに従事している。昨年「不登校が最多を更新」というニュースが流れたが、不登校・ひきこもりはなぜ増えたのか、そして今、どのような支援が求められているのか、私なりに考察したいと思う。

 私は、不登校・ひきこもりが増えた理由を解くカギは、「バブル以前と以後での価値観の変容」にあるのではないかと考えている。 

 あくまで私見だが、バブル以前は、「他人にどう見られるか」を軸とした「他人軸」が価値観の中心にあったのだと思う。「他人からよく見られたい」「賞賛されたい」という思いから、みなが物質的な豊かさを求めたり、親は子を塾へ行かせ、偏差値の高い大学へ行かせたがった。高学歴であること、たくさんお金を稼ぐことが賞賛の対象となり、みながそこを目指した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

自虐ネタで幸せになれない、ふたつの理由

555号 2021/6/1

働くことがずっと怖かった私が見つけた「楽しく働くための条件」

554号 2021/5/15

やりなおしがきかないのは「歯」、5年ひきこもった経験者の実体験

553号 2021/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…