不登校新聞

579号 2022/6/1

「不登校、親はどうすれば」セミナー開催へ

2022年05月24日 17:50 by kito-shin
2022年05月24日 17:50 by kito-shin

 7月16日(土)、不登校セミナー「不登校の回復プロセス・その時親はどうすればいいか?」が岡山県岡山市の岡山ゆうあいセンターで開催される。主催は、不登校の子どもを持つ親らが運営する「NPO法人ファミリーコミュニケーション・ラボ」。イベントでは「子どもにどう関わればよいのかわからない」、「不登校した子どもの未来がどうなっているのか聞いてみたい」、「家から出なくなったけど、大丈夫だろうか」など、不登校の親が抱える悩み疑問に答えるという。

 講師は、臨床心理士・谷田ひろみさん。不登校やひきこもりなど500件以上のカウンセリングを行なってきた。谷田さんは「不登校の子どもを待っているあいだに子どもたちに合わせて、親ができることをしておいてあげると、不登校の後が全然ちがってくる」と語る。

 主催団体の「ファミリーコミュニケーション・ラボ」は、不登校の子の保護者などによるピアサポートグループ(自助グループ)。2008年、子どもが不登校になった母親4人が安心して話せる場がほしいという思いから立ち上げられた。現在は、東京、名古屋、大阪、三重などで集まりを持つほか、オンラインでもイベントを実施している。イベント詳細は下記を参照に問い合せを。

日 時 7月16日(土) 13時~16時半
会 場 岡山ゆうあいセンター(岡山県)
講 師 谷田ひろみさん(臨床心理士)
参加費 2500円
定 員 50名
申 込 同法人ホームページから
https://fami-lab.com/npo/news/9229
主 催 ファミリーコミュニケーション・ラボ

関連記事

「不登校をめぐる課題は」オンラインセミナー開催へ

587号 2022/10/1

不登校・ひきこもり 相談先・親の会一覧

587号 2022/10/1

不登校経験者が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

587号 2022/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…